音楽の最近のブログ記事

昔の歌

user-pic
0

先日テレビを見ていたら歌謡番組をやっていました

いまは余り見なくなった私と同じ団塊のせだい、それよりもっと上の人達が

歌っています。

母は「昔の歌手はいいね 小林旭って美空ひばりの旦那だったよね」と

懐かしんでいます。 私は同調したら自分も年取るような気がして

無関心をよそおっていました。 秋川という若い歌手がひばりの林檎追分を

歌っていましたが、ちらっと聞いて<美空には叶わない>とおもいました。

 

喫茶店通い始め

user-pic
0

一年の初めに行き着けの<喫茶店>に行ってきました。

この店のマスターはジャズバンドを組んでいて、店には何百枚というジャズのCDがあります。

こんなの数多くのCDがあってもマスターには聞き飽きたと言っているのです。

毎日の事になると掛ける方も大変なんだと思いました。

昔ばなしをして、今年の予定なんかを話して恒例の新年<通い始め>でした。

趣味でやる店

user-pic
0

ジャズ好きのマスターが居る駅前の喫茶店に行ってきました

久ぶりに行ったので昔話をしていると、新しい客が入ってきました

「マスター 昨日6時頃来たのに店閉まってたね」 「ああ?ごめんなさい 昨日はジャズの

練習で倉庫を借りてたもんで 店休んじゃった」

普段でも客が少ないのに 店休んで大丈夫なんだろうかと思ったけれど

彼は最近別の住んでいる「お袋さん」が亡くなって、遺産が入ってきたのでした

喫茶店は趣味になってしまいました。

懐かしい時間

user-pic
0

五月は全く書かなかったので一月休んでしまいました。

久しぶりに<バンドのマスター>が居る喫茶店に行ってきました。どあーを開けると、慣れた

匂いが流れてきます。いつもネルドリップで珈琲を入れているのです「やあ?久しぶり」

と言うと「だいぶ来なかったですね」と低い声でつぶやきました。駐車場がなくなったのと

震災の影響で高い珈琲(500円)は敬遠されてお客は減っているそうです。

それでも<味>は落としてないので、常連客は来ています。わたしも顔見知りに会い

ました。懐かしい時間?

しばらくお休みしている間に2月になってしまいました。

久しぶりに20年通っている喫茶店に行ってきましたが マスターはもう60歳になりますが

元気で珈琲を出してました。

かれは十年くらいまえまでは、バンドを組んでドラムを担当していました。

ジャズが好きで、店にはそのCDが何百枚とあります。 しかし自分では毎日掛けて

もう聞き飽きたと言っています。 ときどき珍しいものを聞かせるといって日本人の

美しいねえチャンのCDを出しますが、私は門外漢なのでわかりません

一杯400円の珈琲

user-pic
0

いつも行く喫茶店のマスターは地元では有名なドラマー

オリジナルCDも出しています

久しぶりに珈琲を飲みに行くと 駐車場が無くなったので客が激減と

嘆いていました

駅前なので 最近は取り締まりがうるさくなって ちょっと珈琲一杯

という訳には行きません。 有料駐車場に入れると すぐ三、四百円掛かります

一杯400円の珈琲にそれではたまりませn

珈琲店

user-pic
0

今日は妻がどこか連れってというので、いつもの喫茶店に一緒に行って

きました。

この喫茶店はマスターが後輩でもう20年も通っています。

20年の中には、いろんな歴史がありました。 いろいろ妻には言えない事がいっぱい

詰まっています。 マスターはそんな事はおくびにも出さず、珈琲のうんちくを語ります

妻は興味深そうに聞いています。 ネルドリップとはと始まります。

ぽたぽたと落とす速度が問題だそうです。 こんな事を語りながら珈琲を飲みます

行き着けの喫茶店

user-pic
0

駅にミナミにある喫茶店に行ってきました。 そこのマスターは先週老人ホームで慰問

のジャズ演奏してきたのでした。

店にはジャズのCDが何百枚とあります。 しかし全て聞いて、なんにしようか飽きて

しまっています。 私は最近歩く時はウィスキーにソーダ割をのんできます。

一杯500円、珈琲も一杯500円どちらも同じなので、そのときの気分で飲み分けて

います。 カウンターの端が私の定席、もう20年も座ってます

行き着け

user-pic
0

行き着け喫茶店日記です

マスターは自前のCDを出しました、 仲間3人とジャズ音楽です。

高校に時 ドラムをやった事が縁で細々?と音楽を続けています

奥さんに怒られながら、ものすごく酒が好きで演奏会の打ち上げがあると

一升くらいとことん飲んでしまうのです。 そして帰ってくると「家の戸」が開きません

締め出されのです。 奥さんにして見ればあまりの酒量にだんなの身体を心配しているのです。

店が忙しい時は、2階の住居から手伝いに下りてきます。

バブルの頃は売る上げもあって かわいい娘もバイトで居たのですが辞めてしまって

私の楽しみも減りました。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはニュースです。

次のカテゴリは健康対策です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。