歴史の最近のブログ記事

坂の上の雲を見て

user-pic
0

坂の上の雲を見てと1ヶ月前に書いたきり 休んでしまいました。

実は病院に3週間入院してたのです。

心臓の具合が悪くなって、町医者の紹介状を書いてもらって大病院に行きました。

診察してもらうといきなり「即入院です」と言われ 何の用意もしてないのに

入院でした。 命に関わる心臓という事で救急処置室でした。

それも乗り越え やっと2週間目には病室で「坂の上の雲」を見ました

秋山真之 の活躍が見ものでした。

坂之上の雲を見て

user-pic
0

龍馬伝がいよいよ今週の日曜日に終ります。

今までの大河ドラマは白々しいせりふで「世のため」なんかいうので

馬鹿馬鹿しくて見ていられませんでしたが、龍馬伝は着ている服も

よれよれでリアルでした。 江戸時代にクリーニング屋があるはずも無く

よれよれは当たり前だったのでしょう。 その点坂の上の雲も 主人公の秋山真之

が子供の頃のガキ大将の服は 明治はさもあらんという<みすぼらしさ>

です。 だからドラマに真実性があって 見るに耐えるのです。

龍馬伝がいよいよ終わりが近づいてきましたね

坂本龍馬は一応「見回り組」に暗殺されたことになっています

本当の事は だれも判りません

明治40年になって 元見回り組の隊士が告白したのです

売名かもしれず 本当の事はわかりません

坂本さんが生きていれば 明治でどんな活動をしたでしょうか

歴史にもしもという事はありません だから想像しても無駄なことですが

やらずにはおられません

龍馬伝 NHKの」大河ドラマが終ると、 いよいよ「坂之上の雲」の第2集が

始まります。

これは3年に亘って 年末に放送されるそうで 気の長いドラマです

今年は2年目 日露戦争の華<日本海海戦>があるのじゃないでしょうか

本木雅弘の「秋山真之」が見ものです、あにの秋山好古の役は阿部 寛が

演じます。

これは奉天の大会戦ですから、来年かな

龍馬伝終る

user-pic
0

いよいよ NHK大河ドラマの「龍馬伝」が最終段階になってきましたね

1年間 だいぶ楽しみに必ず見るようにしていました

最後はやはり「見回り組」 暗殺説を採用するようですね

これは明治40年ころ 見回り組の隊士だった人が名乗ったのだそうです

幕府側から見れば 必死で幕藩体制を護ろうとした 旗本は

見回り組だったのから 正義の戦いでしょう

一方 龍馬と大人物を失った損失は計り知れないものがあります

坂本龍馬

user-pic
0

NHKの坂本龍馬がいよいよ面白くなってきましたね

亀山社中という彼の商社も来週あたりかな

彼は明治には忘れ去られた存在だったそうで、それが大正時代

新聞小説になって一世を風靡したそうです。

そして昨今の龍馬ブーム、樋口一葉がお札になるくらいですから

坂本龍馬は充分に資格があります

25年の歴史

user-pic
0

この間 新聞に25年通っている 喫茶店のマスターが載っていました

25週年の記念に 一杯500円のコーヒーを下げようと思ったけれど

今は新規客はなく 常連さんばっかりだから 効果は無い という事で止めたそうです

バブルの頃は一日100人も客がきたけれど、いまは数える程を新聞記者に語って

います。 それでもネルドリップ式のやり方は変えずに 美味しい珈琲を入れて

くれます。

彼は63歳 もう辞めようかと 弱気な事をもらします

天地人

user-pic
0

天地人の素人俳優と世直しみたいな、せりふばかりの大河ドラマの飽きがきていました。

早めに終わって、「司馬遼太郎」の坂之上の雲が始まりました。

なんと今年から3年掛けて 撮影するそうで 史実に忠実そうでとても楽しみです。

司馬さんは時代考証がしっかりしてる超一流の作家ですから、見ていて安心できます。

小説は気に入って3回も読んでいます、 日本が一番輝いた「明治」に焦点を当てているので

歴史批判も無く、のびのびと日本を賛美できます。

国を愛するなんて当たり前の事を、堂々といえるのだから胸がスッと晴れわたります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日記です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。