2010年2月アーカイブ

今朝のパシュート女子、途中まではドイツに1秒以上の差をつけてましたが、最後の周で追い抜かれ惜しくも銀メダルとなりました。
ほんの少しの差だったのでかなり悔しいですね。
でも今大会メダルの少ない日本にもたらしてくれた貴重な銀メダルです。
おめでとう!
そしてありがとう☆

私はスタジオに毎回自分のギターアンプを持ち込んでいます。
小さめのチューブアンプですが、毎回持ち込みとなると結構大変です。
ハードケース入りのギターをエフェクターケース、ギターアンプはギリギリ一人で持てる重さですが、階段がある場所などに行くとかなりきついです。

色々と大変なアンプ持込ですが、いつも同じ音を出せるという大きなメリットがあります。
スタジオによってはアンプがイマイチだったり、好きじゃないメーカーだったりすることも多いので。
ローランドのジャズコーラスは苦手なので、スタジオに置いてあると結構困りますね。

ということで今後もアンプ持込頑張ります。

車でのipod用にたくさんのCDを借りてきてitunesに取り込みました。

ゲオで5枚レンタルで1000円だったので5枚を2回、合わせて10枚も借りてきました。

あとは、自分で所有しているCDで車でのドライブ時にあいそうな音楽を落とし込むことにしました。

1枚落とすのに5分位なのですぐに作業は終わります。

取り込みを始めてからだと、別のアルバムを聴くやり方が分からないのですが、別のアルバムを再生してからCDを入れて取り込むと取り込みながら聴くことが出来ます。

きっとどっちの順でも出来るはずなんですけどね。

引き継いだベース

user-pic
0

亡くなってしまった友人から引き継いだベースですが、バンドメンバーのベース担当が「物によっては売ってくれ」と言ってきました。

僕もベースを練習しようと思っていたので一旦断りましたが、とりあえず練習時に持っていって見せる約束をしました。
まあフェンダーのギターは絶対残すので、ベースは自分が使わないのであれば売ってもいいのですけどね。

アコギでの弾き語りの練習はエレキとは違い音が響くので自宅では出来ません。
一般的に練習場所としては、公園やカラオケ、スタジオ、また路上演奏したりする事が考えられますが、私の場合は違います。

車がステップワゴンで後部座席のシートを倒せば小さな部屋みたいになるので、住宅街から離れた場所まで車で行き、車内で練習することが日常となっています。
時には車がソロライブのステージになったりもします。
お客さんは2人が限界ですが。

車は220万円と少し高めでしたが、色々と役立っているので元は取ったかなと思っています。

ギター教則本

user-pic
0

ギター初心者の友人は今ギター教則本でギターを練習しています。

ただ、スケールやコードなどを覚えることを重点においた本なので、本を使って勉強をしてしばらく経っているのに色んな曲に合わせて弾ける様にはなっていません。

やはり、「習うより慣れろ」というように、本で理屈を覚えるより色んな曲を弾いた方がいいのかなと思いました。

そういう理論の本は辞書みたいに、気になったら調べるみたいに使うとか

ミキサーとマイク

user-pic
0

最近はギターの他にミキサー、マイク、電子ドラムなどを亡くなってしまった友人から引き取りました。

自宅レコーディング用の機材はあっても、私にはハードルが高すぎるので、ヤフオクに出したり友人に転売したりしようと思います。

電子ドラムは既に興味を示している友人がいるので近々見せようと思います。

フェンダーストラトとガットギター、フェンダーのベースは私が一生大事に使っていこうと思います。

明日は友人の不要になったギターと電子ドラムを受け取りに行きます。

ドラムはやらないからほぼ使わないと思いますが、事情があり不要になったとのことなので買い取ることにしました。

ギターも何本もあるので必要はないのですが、困ったときはお互い様です。

ドラムは興味を示している友人がいるので売るかもしれません。

チューブアンプ

user-pic
0

以前から使ってたチューブアンプの真空管がまた飛んでしまいました。
6万円で買ったアンプですが、真空管の交換だけですでに10万円位つかったきがします。。

まあ良い音だし仕方ないかな(^_^;)