2011年1月アーカイブ

今日起きて玄関のドアーを開けようとすると思ったように開きません。 それは昨晩の吹雪で吹き溜まった雪がドアの開閉の邪魔をしていたのでした。
あさ起きがけから除雪作業で まだ軽い新雪だから良かったのです。 大きなうちわのようなプラスチック製のスコップでサッと除けます。思ったより簡単でポストまで数メートルの除雪が30分ですみました。

その他車庫も残っていましたが、寒いので止めました。 北国は数日前に除雪しても、また明日は「ごわさん」になる事があります。
こんな労働は何かを作るのでは無いので、全くの非生産的な労働です。 みんなこれに耐えてやります だから北国の人は忍耐強いと言われるのでしょうか。

芋の葉っぱの行方

user-pic
0
大きな芋の葉の鉢が枯れてしまいました。 竹色の大きな葉が好きだったのですが油断してベランダに出しておいたたら枯れ始め
ました。 これは危ないと気が着いた時はもうどんどん枯れて行きます もう止まりません。 植物は喋りませんのでおそらく
ギリギリまで我慢しているのだと思います。
仕方がないので葉っぱを切ったら、次々と枯れていきます ついに何にも無くなって芯だけになってしまいました。
これは生きているのでしょうか 植物の素人なのでわかりません。 この芋の葉は小さいのを園芸店で買ってきたら
我が家の環境があったのか70センチくらいに大きくなったのす。 この先この芋の葉の運命はどうなるのでしょうか

消費税導入

user-pic
0
野田財務相がもはや国債依存の予算組みは不可能と言いました。 今回いろんな事を他に言いましたが一番言いたかった事は
消費税を上げて新しい財源にしたいと考えているからでしょう。 あれだけの仕分けをやって1兆くらいしかでないのですから、
もはや仕分けでは無駄使いを削減するのは無理なのでしょう。
本当は30%の予算は必要ないとおもいますが、今の省庁の仕組みでは無理でしょう。 そんな事をしたら日本の国の制度がひっくり
返ってしまいます。 永年かけて国債でいろんな事をする癖が国についてしまいました。

すなわち収入以上の生活をするのに国民が慣れたのでしょう。 良し悪しのかかわらずもはや消費税で国民全体が水ぶくれした
予算を支えるしかないのではないでしょうか。

結露には困った

user-pic
0
我が家の1Fのトイレの結露には困っています というのはトイレの屋根も壁もコンクリートで出来ているからです。
このため外気との温度差が激しいのだと思います。 15センチの厚みのコンクリートのうえには直ぐ雪が積もっています。
その為外は0度中は20度と 温度差があって水玉がいっぱい天井に着きます。
いくら拭いてもきりがないので最近は諦めています。 それで思い切ってコンクリートの上の雪を除雪して垂木を渡して
ビニール波板の屋根を造りました。 今度は直接雪が触れないから大丈夫だろうと様子を見ていると、やっぱり水滴がついています。
やっぱり外気温が低いのでダメでした。 春になったら本格的な断熱材を入れた屋根を作ろうと思っています。

イトカワ映画化

user-pic
0
大寒の頃 寒い話ばかりですが暖かいニュースがありました。 小惑星探査機「いとかわ」の旅を映画化するそうです。
大宇宙を60億キロも飛んで息絶えだえになって、7年も掛かってかえってきた「いとかわ」の物語です。
私が考えても わくわくする物語です これはきっと国民がもう一度感動を味わって見たいと思うのではないでしょうか。
03年に打ち上げられてもう国民が「あれはダメだ」と思っていたところに「まだ生きていた」 物語です。
南極探検隊のタローとジローの物語みたいにまさかの犬が2匹、餌もなく極寒の南極で生きていた時の国民の驚きに似ています。
今度は生き物ではありませんが、イトカワに人格があるような錯覚におちいりました。

楽しみにしています。
韓国で「こうていえき」が流行しているそうですね。 いずれの国も農家が可哀想です TVで可愛がった牛を殺さなければならない
苦悩を訴えていました。
日本の農家もそうでした。 農林大臣が殺せと言って県知事が殺す必要は無いと頑張りましたが、結局殺されました。
こんな困った事が韓国でも起きています。 殺菌剤を車に掛けていましたが菌はどこからでも忍び寄るようで農家は目に見えない
敵と格闘しています。
韓国ではもはや200万頭の牛豚を殺処分したそうです。 日本の宮崎では29万頭でした。

韓国全部で1340万頭いるそうで 1割近くになっています。 北朝鮮に広がったら防疫体制もなく 壊滅的被害になる恐れが
あります。 早く収束してくれる事を願います。
物凄くパン好きの知人がいます 三度でもパンで良いというくらいすきなのです。
その人と買い物に一緒に行くうちに まねをしてみようかなと思うようになりました。 その人が買う石窯パンの中で丸い15センチくらいのパンがあります。 食パンのようなもので何も入っていません 
それを6つに切断してもらって食パンのようにして買って来るのです。
それをトースターで焼いてマーガリンをつけます。
食べるとその味は石窯の炎で焼いた外がカリッとして中が柔らかくとても美味いのです。

さすがはパン好きが食べる<特別>なパンです。

雪の原 散歩

user-pic
0
今朝は休日で天気が良いので公園のウォーキングに出ました。
一面の雪の原で まだ歩いた足跡がありません。 家の隣の公園は何万坪の県立公園で湖もあります。
雪の原を歩いて行くと 白鳥の鳴く声が聞こえます。 やがて岸よりの風の少ない葦の処に4羽の白鳥が見えて来ました。
一羽は首を伸ばして警戒しています。
田んぼは一面雪の原 餌が無いのでどうするのでしょうか。
やはり雪道はデコ凹して疲れます うっすらと汗をかいてきました。 風も少なく晴れた空 北国にもこんな天気があるのです。
太陽が白い雪に反射して途中図書館に入ったのですが、しばらくは目が見えません。
東京の「はとバスツアー」というのが今人気なのだそうです。
はとバスというと田舎の人が東京を効率的にみるものだと思ってました。
ところが今は関東近郊の人が多く それも何回も利用する人が多いのだそうです。
「工事中の現場めぐり」というツアーがあり、記者も同乗すると ある個人のビルの屋上に行きました。
そこはスカイツリーの真下で見上げるように見える場所でした。
特別の許可をもらってはとバスツアーの人だけが入れる約束になっていました。
また東京湾に出ていま建設中の橋が接合される前の今だけを見るツアーもありました。

いろいろのツアーの工夫でこの不況の中 はとバスだけが客数を伸ばしているそうです。
また中国の名前が出てきました。
ルノーのEV 電池自動車の秘密を中国が多額の金を払ってスパイしていたと報じられた事です。
新幹線技術、宇宙開発技術、リニア技術など枚挙にいとまが無いほど中国は外国の技術を盗用しています。
それに中国に輸入するコンピューター製品のソースコードを公開せよという法律を作りました。
しかし欧米の激しい反対にあって、(中国に製品の秘密を盗まれると欧米が反対したのです)その後撤回したとか結果はわかりません。
とにかくなりふりかまわぬとはこのことでしょう。
このルノーの問題はフランスが告発したのでルノー社員がこれから取り調べを受けいずれ明らかになるでしょう。

厳冬の桜

user-pic
0
今日は寒い日でしたね 私の地方では雪が降りました。
その降り方が気温が下がっていると粉雪になるのです。
そして地面が冷えている為にみるみる積もっていくのが分ります。
本格的に厳冬期がやってきたのだと思います。 その代わり少し日没が遅くなりましたね
冬至も過ぎたので少しづつ日が長くなって寒さはこれからがピーク、でも春が足音も立てずに近づいています。
母が公園の桜の枝を見て 少しピンクに見えないかい と言います。
なるほどほんのりとピンクがかっています。 この寒い厳冬でも桜は3月の開花の準備をしているのでした

昨晩のお風呂

user-pic
0
昨日の夜は大型浴場に行きました
その風呂やは大きな浴槽とサウナ、露天風呂がります。また垢すりやマッサージコーナーもやっています
私は時々家の風呂では温まらないのでそこに行きます。
わたしの好きなコースは先ず大型浴槽に入り、次にサウナ(これは余り好きではない)そして水風呂に入り
次に低温サウナです。 低温サウナは人気が無いらしくいつも空いています。
ここで30分横になるのです。 しかし人が居ないので迷惑が掛かる事はありません。

それを2回くり返すのです。 ごしごし洗っている人を見かけますがたまには垢を擦ってもらいます。
恥ずかしいくらい出るものです。
これですっきり明日の活力です。

昨日は友人宅で新年会でした。

鍋や温野菜、たこ焼き、フルーツなど盛りだくさんで美味しかったです。
特に鍋、温野菜でたくさん野菜を食べることが出来たので、普段ラーメンばかりで乱れた食生活を送っている私にとっては嬉しかったですね。

あとは普段会うことが出来ない人達とお酒を飲みながらたくさん話をして盛り上がることが出来たのも良かったです。
楽しい時間を過ごすことが出来ました!

今日は友人の家で新年会をかねた鍋パーティーをやります。

友人は去年結婚し、披露宴と二次会で私と友人達で余興の演奏をしました。
今回は夫婦の手料理でもてなしてくれるみたいです。

どんな鍋なのか楽しみですね☆

音楽仲間だったらアコギでも持ってって楽しむところですが、今日は違うのでやめておきます。

スポーツでつながった仲間なので、今日の箱根駅伝の話題などが出る気がしますね。

日曜大河ドラマは

user-pic
0
去年の日曜はは大河ドラマ「龍馬伝」で大いに楽しみました。
それは衣装がリアルだったからです。
時代劇というとみんなクリーニングの効いた新しい和服を着ていました。
ところが「龍馬伝」ではいかにもその時代にありそうなよれよれの汚い衣装を着ていました。
こんな演出を考えた監督は素晴らしいと思ったのです。
そしてまた「福山雅治」の髪型も衣装も方言も<そっくり>でした。
本物の坂本龍馬もあのようだったのではないだろうかと思わせる名演技でした
1年間かれの演技に引き込まれたのでした。
ことしの「江」は秀忠の恐妻です。 さあどうなるでしょう。

あけましておめでとうございます!

今年も一年サイト更新、ブログ更新頑張っていきます。

去年は色々と忙しく、ギターも満足に弾けていません。

色々な意味で心と時間に余裕を持ち、ギターや日常生活を充実したものにしたいと思います。