2011年2月アーカイブ

北方領土

user-pic
0
北方領土は北海道の喉に刺さった棘ののような形をしています。 ロシアは19世紀的発想で武力で取ったものは、武力で負けなければ返さないという方針です。 そこの駐留するのは1個師団3500人です しかし解説本を読むと装備は旧式で戦車は1世代前のもので役立ちません。
師団は一時は12000人居たのが激減しています。 この近代化するというロシアの宣伝に乗せられないで、様子を見ると良いと書いてあります。
と言うのはロシアはドンドン人口が減って、このロシアから見ればポツンと離れた小島に軍事力を維持する事は体力を弱くするというのです。
たしかにそうかもしれません。 長い目で見ることが必要かもしれません。
このところ砂糖無添加のジャムに凝っているので、スーパーでジャムを見ていたら<ゆず>のジャムを見つけました。
砂糖無添加と書いてあります。
食べ方は小さじ2杯とってお湯をそそいで飲むか、ジャムとしてトースト、パン、クラッカーに着けて食べるとあります。
さっそくトーストに塗って食べてみました ゆずの香りがプンとして美味しいでした。
それから 読書の途中ちょっと休憩したくなったときカップに入れてお湯を注ぎ飲んで見ました。 これもゆずの香りがして美味しいものでした。
プリンターの事で書きたいと思いますが、プリンターに別の会社の安いインクを入れると表示がいつまでも<無い>と出るのは
センサーが純正でないものを弾くせいでしょうか。 プンターは安いけど インクが高くて困ると聞きますが、たしかに本体は1万ちょっと
で買えます。 しかしインクが700円800円しますので、そのインクの量にチョッとしか入ってなく出費に耐えられません。
そこで有名メーカーの適合する安いインクを使いますが、セットするといつまでも<無い>表示が消えません。
そのうち消えるうだろうと使っているといつのまにか直っています。 機械に「あきらめたか!」 と言ってやります。

早春賦

user-pic
0
雲ひとつ無い青空です いつも鉛色の空が半年も続いたので、とくにこの青空を久しぶりにみました。
東京の友人に電話すると、いつも「青空だよ ちっとも雨が降らない 乾燥注意報だよ」 と言います。  こちらは毎日雨で「湿気注意報だよ」
なんて冗談を言い合ってます。
そんなわけで 青空には特に惹かれます。 もったいない気がします また直ぐ曇って雨・みぞれに変わるのです。
この2月中旬 もうそんなに真冬に逆戻りはしませんが、まだ3月の卒業式頃 小雪が舞っていたのをおもい出します。
きょうが今年の一番寒い日だろうと見当をつけて、薪ストーブの薪を1/3に燃やして減らしました。
今日は13日 明日は月も半ばです あと半月かけて薪を減らしていく予定です。 土曜・日曜しか薪ストーブに点火しません。
月末っまであと4回です 今日は一番寒いので多く燃やしました。
来週は多分もっと春らしくなっているでしょう。 ひょっとして27日は早春の気候かもしれません。
そんな事を考えながら、薪を燃やしました。 薪は2年ものを買ったので、完全に乾燥して、強い火力を出します。
熱くて居られません。 

大相撲の八百長

user-pic
0
大相撲が揺れていますね 昼のワイドショウの格好のネタですね。 一般の真面目な力士がいつも巻き添えになります。
賭博問題の時も関係ない力士が大半なのにNHKまで、相撲中継をやめてしまいました。

今回の八百長は昔から言われてきた問題が<携帯>を現代のツールで証拠となって、明るみに出たものです。
名前の挙がった力士は正々堂々と、申し開きをすればいいのではないかと思います。
観客は真剣勝負を見に来ているのですから・・

2週間位前から風邪を引いていました。

一旦は治りかけていましたが、今日、寒空の下、自転車をこいだら、またセキが出始めました。

うっかり薄着で外出したのがまずかったみたいです。。

今はかなり虚弱になったものだなとガックリきていたところです。

とりあえず安静にして早く治したいと思います。