ギター機材の最近のブログ記事

最近エフェクターを一つ購入しました。
基本的にはアンプ直が基本なのですが、たまに歪みが欲しいときがあります。
そんな時の為にオーバードライブを用意してましたが、最近接触が悪くなり壊れてしまいました。
今回買ったのは、それのかわりですね。
前のはたまに雑音がしたりしてましたが、今度のはそういうことが無いので使ってて気分が良いですね。

新しい譜面立て

user-pic
0

今までの譜面たてが少し壊れてしまったので、これから新しい譜面立てを使うことにしました。

どの様に壊れてしまったのかというと、譜面を押える細い棒が取れてしまうという感じです。
細い棒がないと、ちょっとした衝撃で譜面が飛んでしまうので、いつもセロテープで譜面を固定していました。
しかし曲の合間にセロテープを剥がしたりと手間がいっぱいです。
しかも剥がすのに失敗するとセロテープで紙が切れてしまいます。

これからは新しい譜面立てで快適なスタジオ、ライブをしようと思います。
まあ譜面に頼らず曲を全部覚えてしまえば問題はないのですが(-_-;)

友人から引き継いだ遺品の数々ですが、家族よりスペースをとっていて困ると散々言われたのでギター2本とベースを残し売ることにしました。

中古屋に持っていこうかとも思いましたが、行き着けの床屋さんがヤフオクにはまっていて、お願いすれば手数料だけとって出品してくれると言っていたので髪を切るついでに持っていきました。

お金はそんなにたくさんにならなくても良いとは思っています。

私の手元で無駄になっているより、欲しい人の元で役立った方が良いかなと思いました。

亡くなってしまった友人から引き継いだ様々な楽器ですが、置き場所がなく祖母から日々
「早く片付けなさい!」
とせかされています。
とっておきたいところですが、スペース的にも困っているのでヤフーオークションで売ったり、楽器屋とかオフハウスに持っていって中古として処分しようと思います。
ギターやベースなど必要なものだけはとっておいた上で。

私はスタジオに毎回自分のギターアンプを持ち込んでいます。
小さめのチューブアンプですが、毎回持ち込みとなると結構大変です。
ハードケース入りのギターをエフェクターケース、ギターアンプはギリギリ一人で持てる重さですが、階段がある場所などに行くとかなりきついです。

色々と大変なアンプ持込ですが、いつも同じ音を出せるという大きなメリットがあります。
スタジオによってはアンプがイマイチだったり、好きじゃないメーカーだったりすることも多いので。
ローランドのジャズコーラスは苦手なので、スタジオに置いてあると結構困りますね。

ということで今後もアンプ持込頑張ります。

チューブアンプ

user-pic
0

以前から使ってたチューブアンプの真空管がまた飛んでしまいました。
6万円で買ったアンプですが、真空管の交換だけですでに10万円位つかったきがします。。

まあ良い音だし仕方ないかな(^_^;)